最新音楽配信サービスを学ぼう!

定額音楽配信

定額音楽配信

音楽配信サービスを使用すれば、ストレス無く新しい音楽を探せて、1曲単位でも買うことができます。そうすれば、そのアーティストに興味がわき、アルバムを聴いてみようかとなるかもしれません。音楽を聴く人が減ってしまうのが、音楽業界にとっては一番辛いこと。音楽に出会う機会をもっと広げることができるのが理想ですよね。定額配信とは、毎月一定金額を支払うことで音楽が聴き放題になる定額音楽配信サービスです。スマホで利用できる主要な定額音楽配信サービスの特徴をまとめてみました。自身の音楽の趣味に合った定額音楽配信を選んでみましょう。スウェーデン発の「Spotify」やアメリカ発の「Pandra」など、無料の音楽ストリーミングサービス、定額音楽配信が世界中で注目されています。先日のWWDCではAppleも「iTunes Radio」でこの業界に参入することを発表しました。しかし、残念ながらこれらの定額音楽配信サービスは日本にはまだ上陸していないので、がっかりしている国内の音楽ファンもいるでしょう。

定額音楽配信サービスの普及

海外では人気の定額音楽配信サービスですが、当初の日本では普及しませんでした。1曲ごとのダウンロード(DL)販売やCD販売へのマイナス影響を懸念するレコード会社が楽曲提供に消極的だったため、ヒット曲の品ぞろえなどに難があったからといえます。ですが、ここに来て大手レコード会社が本腰を入れ始めたことで、次々と新しい音楽配信サービスが立ち上がっています。

定額音楽配信サービスの変化

2012年、レコード会社を取り巻く環境は久々に明るくなっていました。年間のCDなど生産額は山下達郎、ユーミンのベスト盤効果で、14年ぶりに下げ止まり、前年比8%増の2277億円になった。10月には「違法ダウンロードの刑事罰化」という業界が待望していた法制も整ったのです。とはいえ、CDなどの生産額は1998年の6074億円に比べると4割弱でしかありません。「着うた」など携帯電話(ガラケー)向けDL販売も、スマートフォンの普及が加速する中、08年の798億円をピークに12年は347億円まで縮小してしまいました。「着うた」では、主要レコード会社が出資するレコチョクが圧倒的なシェアを誇り、各社の収益源になってきました。それだけに、スマホでも早急に新事業を確立する必要があったのです。もっとも、スマホ向けDL販売ではアップルなどの強力なライバルがいます。そこで、お得感のある定額音楽配信サービスへ積極姿勢に転じたわけです。

定額音楽配信サービスの動向【レコチョク】

定額音楽配信サービスの動向は、レコチョクは比較的高い音質を実現したスマホ向け定額音楽配信サービス「レコチョク・ベスト」を開始。100万曲以上を用意してスタートダッシュをかけます。実は、大手レコード会社が持つメジャーな楽曲を合わせても「100万曲」に達しません。レコチョクが頼る会社の一つがスペースシャワーネットワーク。同社は米国やオーストラリアなど、約700万曲のインディーズ系音楽の日本での配信権を持っています。現在は25万曲を提供済みで、さらに「毎日5000曲のペースで楽曲を増やすことが可能」(スペースシャワーの福岡智彦常務執行役員)だそうです。インディーズの楽曲にどこまで需要があるかは不明ですが、宣伝文句として楽曲数のアピール力は十分でしょう。レコチョクは「早期の2000万曲実現」(関係者)を目指しています。

定額音楽配信サービスの動向【ミュージック・アンリミテッド】

レコチョクがライバル視しているのは、先行しているソニーの「ミュージック・アンリミテッド」です。ソニーは10年末に英国、アイルランドで定額制をスタート。現在17カ国をカバーしています。日本では昨年7月に開始。邦楽7万曲を含む1300万曲以上がそろいます。「テレビ、モバイル、プレステなどさまざまなデバイスで再生できるのがソニーのサービスの強みです。

携帯電話各社と定額音楽配信サービス

携帯電話各社はレコチョクと組み、少し前から低価格の定額制に踏み出しています。

NTTドコモ
NTTドコモは12年7月に定額音楽配信サービス「dヒッツ」を開始。月額315円の低価格で毎月2000曲以上を聴くことができます。ただし、10曲程度をまとめたプレイリストで再生するため、ラジオに近いです。「音楽番組の減少などでユーザーが音楽に接する機会は減っている。気軽に利用してもらい、サービスの裾野を広げていきたい」(NTTドコモ・ネットサービス企画担当部長の前田義晃氏)。気に入った曲があれば、ドコモが運営する「dミュージック」からDL購入してもらうことも狙っています。
KDDI
2011年6月から月額1480円(3月から980円)の「リスモ・アンリミテッド」を展開するKDDIも、12年6月に月額315円でラジオ型の音楽配信サービス「うたパス」を開始しました。
ソフトバンク
ソフトバンクは2月にエイベックスとの合弁事業の定額音楽配信サービス「UULA」を始めました。月額490円で、音楽はミュージックビデオで提供、映画やドラマ、カラオケも楽しめる音楽配信サービスです。
DeNa
今春にはDeNAの新事業「グルービー」もお目見えします。音楽はDL販売が主体ですが、定額の要素も組み合わせる予定だそうです。モバゲーで4000万人の会員基盤を持つだけに、レコード会社からの期待が大きい音楽配信サービスとなりそうです。
携帯で音楽を聴いてみる件
高槻 賃貸 http://ph-takatsuki.net/であこがれの「持ち家」さがしませんか?ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建」「戸建」「個人住宅」がお望みですか?

海外の音楽配信サービス

海外の音楽配信サービスも各社を駆り立てています。スウェーデン生まれのスポティファイ、フランス生まれのディーザーなど、広告と課金を組み合わせたの定額音楽配信サービスは、欧米で多くのユーザーを獲得しています。中でも08年設立のスポティファイはフェイスブックとの連携機能により、無料会員2000万人を超える人気サービスに育ちました。ユニバーサルミュージックの島田和大執行役員は「スポティファイは定額配信のデファクトスタンダード。グローバルではユニバーサルも出資しており、重要性が増している」と言っています。DL販売では、05年に日本に上陸した「アイチューンズ」にデファクトスタンダードを握られ、主導権を失った日本のレコード会社。定額配信でも同じ轍を踏むのでしょうか?これからの動向が気になりますよね。

これからの音楽配信サービス

気軽に音楽を楽しむ為の手段として音楽配信サービスが普及すれば、そこから未知のアーティストへの興味がわき、アルバムを買い、コンサートに行き、という流れが生まれることが予想されます。そしてCDショップから足が遠のいてた層も、改めて音楽の楽しさを発見することになるかもしれません。これからは、音楽配信サービスは単なる音楽のダウンロード提供だけではなく、音楽との出会いの場を創造する新時代のサービスとして急速に普及していくことでしょう。

音楽配信サービス・各社の動き

各社はこれまでの努力を継続します。Moraでは、曲数を夏までに10万曲、来年3月までには15万曲の収録を目指していて、ペースは加速する一方です。加えて、配信サービスならではのメリットも強化されます。現在ほとんどのサイトで試聴サービスは提供されていますが、これに加えて、CD発売との同時配信開始はもちろん、場合によってはTVやラジオでのオンエア解禁日と同時に提供が開始されます。そのほか、プリンスのように、真っ先にダウンロードから提供が開始されるようなケースも今後増えると予想されています。

音楽配信についてもっと知りたい件
スタイルチェンジをお考えの方は池袋 まつげパーマ にご相談ください。

音楽配信サービスの今後(1)

今の音楽配信サービスの使い勝手については、現在、MoraではATRAC3+OpenMGの形で音楽が提供されていますが、これに加えて、WMA(WMT)やAACでの配信も検討されています。特にAACへの対応がなされると、さまざまなデバイスを使って音楽を持ち出す可能性が生まれるので、より幅広い利用法が想定されます。日本の主な音楽配信サイトで、音楽の購入方法が、IE+無償配布のプレーヤーソフトという形になっている点も注目しましょう。iTunesのようなジュークボックスソフトならば、その1本で曲探し→ダウンロード(決済)→他デバイスへの転送がこなせるので、PCを中心に利用するだけならばそのほうが容易ですが、もうひとつの方法が用意されていることでさらに可能性が広がります。

音楽配信サービスの今後(2)

ライフスタイルが異なれば、音楽を楽しむシーンも異なります。IE+プレーヤーソフトという形態ならば、今後新たに登場するであろうさまざまなサービス形態・デバイスに対応できるからです。それに、普段使っているWebブラウザで曲を探し、試聴し、購入することができる気軽さは、あたかもコンビニでおにぎりを買うような感覚での音楽購入体験とも言えます。PCで楽しむ、ポータブルプレーヤーで楽しむ、カーオーディオで楽しむ、リビングで楽しむなど、さまざまなシーンで音楽を楽しめることは今後の音楽配信サービスに欠かせない要素になるでしょう。Moraでも、Any Musicをはじめ、急速に普及が進むデジタル家電に対しても積極的に対応していく姿勢を示しているので、定額音楽情報サービスの今後に期待したいですね。

最新音楽配信サービスを学ぼう!

最新音楽配信サービス

音楽配信豆知識

広いリビングで過ごす毎日は最高!日高市 不動産で広いお部屋をたくさんご紹介します☆